CONCEPT
お客様へ

あなたの“ステキ”を叶える
心動かす「最高の似合わせ」

原宿店ディレクター 吉沢ジュン

お客様と美容師が、
一緒にデザインするからこそ生まれる
感動のヘアスタイル

LIPPSのヘアスタイルは、お客様の「こうなりたい気持ち」から始まります。丁寧なカウンセリングからは、願望や悩みのイメージを心から共感し、お客様のパーソナリティ(骨格,顔型,髪質)やライフスタイル、ファッション、トレンドまでを踏まえた最高のコーディネートデザインをご提案させて頂きます。 わたしたちは、お客様の”まなざし”からデザインすることを何よりも大切にしています。

POINT

「最高の似合わせ」へのこだわり

吉沢ジュン古来から、髪は「人を魅了する力」があると考えられてきました。

「似合わせ」〜 それはお客様自身と、その気持ちにフィットしたステキを叶えることです。似合っているかどうかを決めるのは私たちではなくお客様だから、

喜んでいただくこと
満足していただくこと
感動していただくこと

そして大切な方からも「ステキだね」って褒めて貰えるような…そんな「最高の似合わせ」こそ、私たちの”こだわり”なのです。

原宿店ディレクター 吉沢ジュン

満足度120%の理由

LIPPSの似合わせのポイント

1) お客様をよく見る、よく知る
お客様自身が持つパーソナリティを見極め、理解することは似合わせの大事なポイント。
お客様の心になりきることで願望や悩みに共感し、更なる魅力を発見していきます。

2) お客様それぞれの骨格や顔質に似合わせる
お客様のなりたいイメージを骨格、顔型、髪質に合わせ調整していくことが必要不可欠です。

3) 柔軟で応用力のある技術を磨き続ける
お客様の満足を叶えるためのデザイン力、そしてそれを形にできる応用力と柔軟性のある技術を磨き続けています。

最高の似合わせを叶える
LIPPS独自のフレームカット

最高の似合わせから生まれた
LIPPSのオリジナルテクニック

LIPPSでは、お客様の満足をカタチにするために、長年の経験と知恵を集約した“フレームカット”を考案しました。
フレームカットとはそれぞれの骨格、髪質に合わせ、似合わせるためのデザインを形にするカット技法のことです。
LIPPSのカット技術は全てこのフレームカットを基本としています。

フレームカット
POINT

クリエイターの発想をカタチに変える
最高の技

矢崎由二スタイルのシルエットから捉えるフレームカットは、クリエイターのセンスと視点をよりダイレクトに表現できる最高の技。この技法があるからこそ、より美しく幅広いヘアデザインをお客様に提案できるんです。

総店長 矢崎由二

一流のクリエイターを育てる
スタイリスト教育制度

スタイリスト教育制度

技術の習得だけでは、
一流の美容師にはなれません

アシスタントは 、これらの“似合わせ”や“フレームカット”を含めたLIPPSの真髄をじっくりと時間をかけて習得していきます。基本の技術をしっかりと身に付け、一人前のスタイリストになるまで精進を続けます。日々の練習を重ねるその間も、現場でスタイリストと共にお客様にとっての最高の“似合わせ”を考え、クリエイターとしてのデザインやモノの見方、考え方も学んでいきます。

POINT

毎日のミーティングを重ねながら成長していきます

OtaLIPPSではスタイリストとアシスタントが一丸となった「チーム制」を行っています。これはスタイリストとアシスタントが同じ気持ち・考えでお客様に向き合い、最高の似合わせを行うためのものです。

チームでは毎日のミーティングを必ず行い、反省→練習→実践を繰り返しながら、アシスタントは超一流の美容師を目指し成長していきます。「最高の似合わせは一日にしてならず」なのです。

LIPPS二子玉川 代表 Ota

プロまでの道のり

アシスタントが学ぶこと

1) 総合技術
シャンプー、カット、カラー、パーマの各基本項目を習得後、カットモデルを男女各100名、合計200名をカットする。 総合技術

2) フレームカット
オリジナルのマニュアルブックをベースに、基本スタイル、デザインの読み解き方などフレームカットの技術を学ぶ。 オリジナルマニュアルブック

3) 考え方
LIPPSが提唱するヘアデザインとは?
「最高の似合わせ」を実現するための考え方と実践が詰まったオリジナルのデザインブックは、全スタッフのバイブル。 オリジナルデザインブック